成功イメージのパラダイムシフト

最近、成功イメージのパラダイムシフトが起きている、
と本当に感じます。

最近、私よりも大きな事業を展開されている経営者の方々から、

『平城さんのライフスタイルに憧れています』

という言葉を頂戴するようになりました。

会社の資本金、売上規模、社員さんの数、
どれをとっても、私より上です。

でも、皆さんが口を揃えて言われる言葉。

『自由が無いのです』ー。

私はといえば、

長女の学校の送り迎えをし、
家族で行きたい時に旅行に行き、
子供の行事には必ず参加する

といった感じで、

自分の生活の全てを、
```````````
自分でコントロールすることができています。
`````````````````````

『ブルーマンデー』といった言葉とは一切無縁で、
毎日をエキサイティングに生きています。

2000年代前半のインターネット・バブルの頃は、
同世代の経営者は口をそろえて、

『3年以内にマザーズ上場を目指します』

と言っていました。

ところが、私はそこにあまり魅力を感じませんでした。

上場したとたんに経営が悪化して、
株主総会で申し訳無さそうに説明している創業者の方を、
数多く見てきたからです。

もともと自分で創業したはずの会社が、
上場をきっかけに自分の持ち分の割合が減少し、
業績によって代表を解任される、
ということもあるのです。

ライブドア事件で代表を解任されたホリエモンもそうですね。
ご本人はなぜそのようなことになったのか、
当時は理解ができなかったと思います。

そうした中、
私が出会ったのは、
ロバート・キヨサキの金持ち父さんの本に書かれていた、

『経済的に自立する』

という言葉でした。

これは何かというと、

・資産からの収入で生活できるようになる

ということです。

自分の資産ポートフォリオの平均のパフォーマンスが
年間5%で、仮に家族の1年の生活費が2,000万円必要だとすると、
4億円の資産が必要となります。

若いうちにゼロからこの資産をつくりあげることは、
税金の高い日本国内ではなかなか難しいでしょう。

また、仮にこれだけの資産があったとしても、
仕事が好きな人はやはり何らかの仕事をしたいと思うでしょう。

この場合、お金のために働かなくて良いので、
本当にやりたいことをやることができるようになります。

ということは、

1)時間と場所の自由が手に入る
2)自分が好きなことができる
3)なおかつ、お金も入ってくる

という条件を満たすことができれば、
4億円の資産がなくても、
同じような状況をつくることができます。

私はこれまでに、
大小様々な経営者の方の相談にのってきましたが、

・ITの活用
・ビジネスモデルの再構築

これを行うことで、
どのような業種の方でも、
実現が可能です。

これを私は、『ノマド式経営』
と名づけました。

私に興味を持って頂いている
経営者の方々のために、
このブログでも、
これから少しずつ、
ノマド式経営についても
発信していきたいと思います。

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`google_buzz` not found]
[`evernote` not found]