CATEGORY ノマドな風景

ノマドな風景

ファントムくんは果たして戻って来れるのか?

フィリピン人ホテルスタッフが必死にガイドをしてくれましたが、 あまりにも上空に上がってしまっていたためか、 ファントムくんは戻って来ることができません。 ついに、フィリピン人スタッフの目にも見えなくなり、 彼らが双眼鏡を取り出しました。 そして彼らが双眼鏡を使っても見えないと言った時、 私は覚悟をしました。 Phantom2はこのような非常事態の時のために、 『フェイル・セーフ』という機能がありま…

ノマドな風景

ファントムくん、復活!?でもGoProは死亡・・・

マクタンニュータウン内のマクドナルドの ハンドドライヤーで必死の救命作業を続けること1時間。 Phantom2本体のバッテリーとGoProを取り外し、 本体だけを乾かし続けました。 バッテリーはサブを3個買っていたので、 故障しても問題無しです。 GoProも小さすぎて分解はできなかったので、 そのまま自然乾燥しておきました。 翌日からはボホールでの空撮を控えていたので、 ここでリタイヤするわけに…

フィリピン

Phantom2、フィリピンでの初飛行大成功!

今回、私がファントムくん(DJI Phantom2)を購入したのは、 単なる趣味ではありません。 1つは、海外ノマドというライフスタイルを、よりリアルに伝えるためです。 そうです、仕事の一貫としてです。 趣味と実益を兼ねていると言われればそのままですが(^^) もう1つの目的。 それは、私や私の仲間が購入している、 海外のコンドミニアムの建築状況や 土地の開発状況などを、 上空からチェックするため…

ノマドな風景

フィリピンペソを持つことの難しさ

私はフィリピンペソ建てでのインカムが入ってくる投資を行っていますが、 先日、その配当を受取るため、フィリピン国内のHSBC口座で これを受けようとしたところ、拒否されました。 銀行に理由を確認したところ、 『USドルなどの外貨に両替してくれたらOK』 と言われました。 私はまだフィリピンのビザやフィリピン国内に居住地を 持っているわけではないので、 フィリピンから見たら『非居住者』扱いになります。…

ノマドな風景

Phantom2 キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

先日宣言していた通り、『海外ノマド 空撮シリーズ』を決行するため、 注文していたPhantom2が届きました。 このDIJという会社、大元は中国のようですが、 パッケージデザインはなかなかオシャレでいい感じです! そして、この機体にGoProをドッキング! これで最大4Kの動画撮影環境が完成です。 本体にはまだシールを貼っていません! 赤ラベルと青ラベル、ううむ、どちらにしようか。  

ノマドな風景

Phantom2は果たしてイミグレを通過できるのか?

夜にテスト飛行をしてみました。 一応、成功! ただし、Phantomの着陸時に誤ってプロペラに触れてしまい、 指が3箇所、鋭利な刃物で切ったような切り傷がデキてしまいました。 (あまりにも傷口がホラーなので、今はお見せすることができません。。) 家に戻ってから気づいたのですが、 浮気も1箇所、スパット切れていました。 プラスチックの刃なのに、 やはり100m上空を飛ばすだけのスピードで回っているの…

ノマドな風景

GoPro関連アイテムを拡充。そしていざ、ボホールリベンジへ!

3月にボホールに行った時にチャレンジしたアイランドホッピング。 実は、まさかの雨天のため途中で中止になったのです。。 参加メンバーも心なしか、渋い表情?? そうです、かなり寒かったです(-_-;) そのリベンジということもあり、 4月もまたボホールに。。 そのためにGoPro関連アイテムを強化しました! これでどんな絵が撮れるか、楽しみです〜。 これ、かなり面白いですよ。 <追伸> 『平城式fac…

ノマド環境

マカオフェリーターミナル(マカオ側)でのSIMカードの買い方(2014年3月版)

2014年3月時点での、 マカオでのSIMカードの買い方最新情報です。 香港よりも少し値段は高くなりますが、 Skypeなどの音声通話、 または動画の視聴など、 通信量を気にせずどんどん使いたい場合は、 1日100香港ドル(約1,300円)の こちらのSIMカードがおススメです。 もっと安く、データ容量単位で購入できる カードもありますが、 こちらを希望される場合は、 セナド広場のSmartone…

マレーシア

ジョホールバル不動産 外国人購入可能最低額が100万リンギットへ

ジョホールバル政府は、外国人が購入できる ジョホールバルの不動産最低額を 100万リンギットへ引き上げることを 正式発表しました。 時期は2014年5月1日〜。 国の発展と共に現地の人々は高い収入を得、 人々にとって50万リンギットを超える 不動産も手の届く範囲となってきました。 政府は不動産の外国人購入可能最低額を引き上げる ことでより多くの資産を持った外国人を呼び込もうとしているので しょうか…