マレーシアの不動産購入の新しいガイドライン

マレーシアの不動産購入の新しいガイドラインが発表されました。
 
以前よりお伝えしていたように、外国人の購入最低金額が引き上げられています。
 
2014年1月より、
 ・外国人購入最低金額50万リンギットが100万リンギットに
 ・転売益への課税
  外国人)
  5年以内→30%
  6年目以降→5%
 
  マレーシア人)
  3年以内→30%
  3年以上4年以内→20%
  4年以上5年以内→15%
 
2015年4月より、
・消費税6%の導入
 
ただ、不動産に関して施行する具体的な内容は各州の決定によります。
 
ジョホールバルの最終的な方針は発表されていません。
 

100万リンギット未満の高級物件は

セカンドマーケットで価格を引き上げていくと思いますが、
中堅の物件は価格を上げていけず苦しくなるのではと思います。