喫煙者が香港へ渡航する際の注意点

香港では、オフィスやレストラン等での喫煙を全面的に禁止する改正禁煙条例が
制定されました。
2007年1月1日から病院、宿舎、、レストラン、カラオケ、バー等が禁煙となり
段階的に施行されております。
 
◆2007年1月1日から全面禁煙となっている施設
 病院、宿舎、(以下18歳未満でも入場可能な)レストラン、カラオケ、バー等
 
◆2009年7月1日から全面禁煙となる施設
 (以下18歳以上のみが入場可能な)バー、麻雀店、サウナ、マッサージ等
 
◆対象外施設:ホテル客室(禁煙ルーム除く)、空港の喫煙エリア等
 

喫煙者のお客様は、十分ご注意いただきご旅行をお楽しみ下さい。

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`google_buzz` not found]
[`evernote` not found]